お米の歴史

日本のお米と歴史

『装う』という言葉、今ではあまり使われなくなっていますが、

ごはんは、お茶碗に装うと言います。


約2700年前縄文時代にやってきて以来、歴史の中でいろいろな場

面で日本人にかかわり、文化、経済など、これだけ影響をあたえ

てきた食べ物はお米の他にはなかったのではないでしょうか。


現在でも全国で、お米のお祭、お米の神事などが行なわれ、ご家

庭でもお米をお供えするところは少なくないようです。私たちに

これだけ深いかかわりを持ってきたお米も、食の欧米化が進み消

費量が年々落ち、価格も下落しています。


採算が合わないため、お米農家の後継者も少なくなっています。

近い将来関税の引き下げにより外国からの輸入が増え日本のお

の居場所がなくなっていくような感じさえします。


『装う』この言葉の意味を少し考えてみて、お米を見直してみて

はいかがでしょうか。