お米の食文化カテゴリの記事一覧

食事を楽しもう

◆食事を楽しもう。
・心身においしい食事を、味わって食べる。
・家族の団欒や交流を大切にし、食事作りにも参加しよう。
◆食事のリズムから、健康な生活リズムを。
・朝食は必ず取る。
・夜食や間食はとりすぎない。
・飲食はほどほどに。
◆主食、主菜、副菜で、バランスよく。
・調理方法が偏らないようにする。
・手作りと外食や加工食品・調理食品を上手に組み合わせる。
◆ご飯などの穀物をしっかりと。
・穀物の 糖質からエネルギーを摂取。
・日本の気候・風土に適した穀物を使用。
◆ 野菜 、果物、牛乳 、乳製品、豆類、魚なども組み合わせて。
・野菜と果物で、ビタミン、ミネラル、食物繊維をとる。
・牛乳・乳製 品、緑黄色野菜、豆類、小魚などで、カルシウムを十分にとる。
◆食塩や脂肪は控える。
・塩辛い食品を控え、食塩は一日十g未満に。
・動物、植物、魚由来の脂肪をバランスよくとる。
・栄養成分表示を見て、食品や外食を選ぶ習慣を身につける。
◆適正体重を知り、日々の活動に合う食事量を。
・太ってきたと感じたら、体重を量る。
・普段から意識して身体を動かす。
・無理な減量はやめる。
・しっかり噛んで、ゆっくり食べる。
◆ 食文化や地域の産物を活かし、時には新しい料理も。
・旬の素材を使い、自然の恵みや四季の変化を楽しむ。
・食文化を大切に。
・食材に関する知識や料理技術を身につける。
・新しい料理も試みる。
◆調理、保存を考え、無駄や廃棄を少なく。
・買いすぎ、作りすぎに注 意。食べ残さない適量を。
・賞味 期限や消費期限を考えて買う。
・定期的に冷蔵庫の中身や食材を点検し、献立を工夫する。
◆食生活を見直す。
・自分の健康目標を決め 、食生活を見直す習慣を持とう。
・家族や仲間と、食生活を考えたり、話し合おう。
・学校や家庭で食生活の正しい理解や望ましい習慣を身につけよう。
・子供の頃から、食生活を大切にしましょう。


食文化

近年、食事時間やとり方など生活リズムの乱れから、健康を損なう人が増えています。
一日三食をリズムよくとって、食物の消化吸収や栄養素の摂取をよくし、健康になりましょう。健康的な食事のとり方のポイント・ゆっくりよくかんで食べる・同時刻に食べる
・欠食せず一日三食規則正しく食べる・夜食はさける・家族そろって楽しく食べる心配ごとや、イライラは、消化管も収縮し、消化液の分泌も悪くします。ストレスを感じる人は、たん白質、ビタミンC、カルシウム、マグネシウムの消費が多いので、これらの栄養素を十分にとり、バランスのよい食生括をする必要があります 。また、運動や充分な睡眠と休養をとり、生活のリズムを整え規則正しい生活をすることが大切です。食事は家庭を平和に 保つ潤滑油と言われるので、なるべく手づくりを心がけましょう。また、夕食だけでも家族そろって、その日の出来事が語りあえる場として、子供たちにとっては、マナーを学ぶ場としたいものです。健康づくりのための食生活指針を紹介しておきましょう。1主食・主菜・副菜を一日30食品、バランスよく栄養をとる。2食べすぎに気をつけて日常の生活
活動に見合ったエネルギーをとる。3脂肪は量と質を考えて、動物性の脂肪より植物性の油 を多めにとる。4食塩は一日10g以下を目標にして、とりすぎないようにする。5心ふれあう楽しい食事をする。私達の食生活は、豊かになってきましたが、食卓を家族団らんの場にすることが難しくなっています。体を養うだけでなく、食文化を育ててきた食事を家族や友人とのコミュニケーションの場としても見直してみませんか。

お米の将来、日本のお米に未来はあるか。のトップへ

Copyright (C) 2006 by お米の将来、日本のお米に未来はあるか。, All Rights Reserved.

一汁三菜

近年、日本でもガンや脳卒中、糖尿病などの生活習慣病にかかる人がふえ、社会問題になっています。これはひとつには、日本人の食生活が洋風化したことに原因があります。たとえば1日の理想的なエネルギー比は、たんぱく質15%、脂質20〜25%、炭水化物60〜65%ですが、この配分は、まさにごはんを中心とする伝統的な日本食そのものなのです。一方、欧米人の食生活を見ると、この3要素のうちたんぱく質と脂質の比率が特に高く、ややもすると生活習慣病の引きがねになりやすい配分になっています。たとえばパンにはマーガリンをぬる、目玉焼きには油を使う、というぐあいです。
こうした生活習慣病を予防するには、ごはんを中心としたバランスのよい食事を心がけることが大切です。そしてその典型が、日本の伝統的な「一汁三菜」なのです。例をあげれば、ごはんを主食に、具のバリエーションが豊富で栄養豊かな味噌汁が一汁、三菜としては魚料理や肉料理、おひたし、煮物、酢の物などの野菜料理といった組み合わせがおすすめです。
監修/女子栄養大学栄養科学研究所・専任講師・栄養学博士・管理栄養士 松田早苗

お米の将来、日本のお米に未来はあるか。のトップへ

Copyright (C) 2006 by お米の将来、日本のお米に未来はあるか。, All Rights Reserved.